海水温が例年より高く推移してきてるためメバル開幕はしばらく先かなと思っていたところへ走りが釣れたとの情報ゲット。

今週後半は天候が荒れそうだったため急遽お出かけしてきました。

半年ぶり位の越前海岸、冬装備で来たら気温16℃汗ばむくらいでう~んメバル釣りじゃないみたい。

当然水温が高いからフグの活性すこぶる高し、色を変えても形を変えてもワームは速攻ズタボロ。

仕方なくフロートに60cmリーダーをつけミニマル50をつけあちこち投げてみる。

3か所目でやっとプルプルプルと小さな当たり。

合わせるといきなりドラグが滑って巻けない、半年ぶりなのでうまく対応できずフックアウト。

ドラグを少し締めて再開、しばらくするとまた小さ目な当たり方。

今度も当たりが小さい割にはドラグは滑るし重量感一杯の引き。

いきなりロックされ暫く硬直状態だったが少し緩めると奴が動き出した感触。

思いっきり竿を煽ると浮いたので一気に巻く。

途中はそれほど引かなかったので22,23ぐらいかなと思ったが抜きあげてからヘッドライトをつけてみるとデカい!!

まだちょっと痩せているせいか突っ込みのパワーはたいしたことなかった。

11/22 越前メバル開幕初戦

夜釣りを終えて夜中に帰ってくるのは危ないので最近は向こうで寝てから朝帰ってきます。

鮎シーズンが終わるとやっぱり海が良いですね、只もう少し近ければね~。

港の中が急に明るくなったのは蟹漁から帰ってきた船でした。

27cmありました、シーズン1匹目にしては十分満足。

その後はこんなフグ1匹釣れただけ、自分の体の半分ぐらいの大きさなのにどうして食おうと思うんでしょうね。

これから産卵に向けてモリモリ食べてデンデンになって行くのでしょう。

3月のアマゴと同じで一カ月もすればデンデン、でもそれまで待ちきれん。