やる気満開で続けるがその後はちびちゃんが1匹釣れただけ。

この大きさの違い、まるで別種の魚かと思うぐらいでしょ。

先週一番爆釣した第2ポイントはちびっこが1匹反応してくれただけ。

第3ポイントに移動、海水浴場に続くゴロタ浜。

先週の復讐、明暗の境を斜めに引いてみる。

全く当たらん。

順に横移動していって一番端まで行ったときグッと竿先を抑えるような当たり。

合わせを入れると途端に強烈な突っ込み。

先週と同じ手ごたえ、これはいい形間違いなし。

少し余裕で無茶なゴリ巻きはしないように慎重に寄せてくる。

途中の突っ込みは竿の弾力でかわす。

やったぜ!!記録更新とはならなかったが27.5cmゲット!!

寒かった今週も日曜日には高気圧に覆われ日本海の天気も回復しそうなので夢よ再びと出漁。

北よりの風わずか、波はほとんど無し。

上弦の月ですが薄雲が広がっているので何とかなるか。

12/20  越前海岸メバル釣りその3 夢よ再び

第4ポイントはテトラに囲まれたワンドの入口付近。

波っ気も少しあって最高のメバルポイントに見えたが釣れたのは20cmぐらいのアジが2匹だけ。

岸方面の浅い方に向かって投げてみるとメバルが反応してくれるが相変わらずちびちゃんばかり。

思い切ってもっと浅い方に投げ巻き始めたところでドンと当たり。

ゆっくり巻いてくるとちょっとは良さげな感じで20cmいったか?

5mぐらい向こうの沈み根をかわそうと竿を立てて浮かそうとすると急に走り出した。

メバルじゃないシーバスだ。

またまたタモは車の中、さあどうするべ。

作戦は立っている足元まで寄せて横の波打ち際で波に乗せて引っ張り上げる。

ちょうどそこに釣れますかとどっかの人が声をかけてきた。


おいら 「なんかわからんけど今掛かってるんです」

よその人 「こりゃシーバスですね、取り込みお手伝いしましょうか。」

おいら 「タモ持ってないんです」

よその人 「・・・・・・・・」呆れ顔だったと思う。

足元で2,3度突っ込まれたがラインはPE0.6ドラグはガチ締め。

ラインを出すことなく竿の弾力だけでかわせた。

ますます気に入ったぞTR85PEスペシャル。

寄せ波に乗せて岸まで引き上げる予定がちょっと足らず。

次の波まで待つかと悩んだときよその人が両手で岸に放り投げてくれました。

喜んでいると記念写真まで写しましょうかと、大変お世話になりました。

60cmぐらいしかないんですが思いっきり突き出しているので大きく見えるでしょう。


釣果もさることながら自然にどっぷりつかっている感のこの夜釣りはたまらんですな。

夕まず目、いつもの場所からスタート。

28cmが来てもいいように荒瀬仕様?の竿と仕掛けなんですが釣れて来るのはこんなチビちゃんばかり。

TR85PEスペシャルではオーバースペックなんですが感度はよくこいつらの小さな当たりもしっかりキャッチ。

巻いてくるときはあっけないですが、、、、、、、で全てリリース。