昼休憩後は少し上流の深トロにボルビックさんと並んで入ってみる。

程なくボルビックさんが良形を掛ける。


こっちのほうがいいじゃんと思ったがおいらには相変わらずの12cm。

そのチビおとりが上に泳いでいくとやっと来た18cm。

連発は全く無いので我慢して泳がせていると目印がふわ~っと浮き上がって流される。

またもやチビかと竿を立てようとするとえらい引く。

正面から動かないが底も切れない。

フロロ0.2なのでじっくりいなしてから取り込むとまだまだ綺麗な23cmトクサイズ。

次は23cmのおとりに掛かり鮎は10cm、絶対に追って掛かった奴じゃないよね。

3時前ぐらいから急に生体反応が無くなる。

それに合わす様に胸まで立ちこんでいたら冷たさが我慢できんようになってきた。

3時過ぎ今シーズンの鮎釣りはこれで完全終了。

9/23 泣きの一回は長良川中央

週末の天気は悪そうなので恒例の?泣きの一回に長良川中央おみたらしにゆっくりの出漁。

平水より10cmは高めですが水温を計ってみると19℃、これは行けるんじゃない。

左岸駐車場の前、瀬肩から順に釣り下ってみる。

波立ちの始まる前でコッコッコッと可愛い当たりで12cm。

おとりにすると12cmでもさすが天然、十分潜っていく。

段々波立ちの中へ入っていくが12cm、次は0.8号の錘を付けて更に下がっていくがまたもや12cm。

錘を1.5号に換えて流れの強いところを狙ってみても12cm。

物足りなさで昼休憩に上がる。

れで今シーズンの鮎釣りは終了します。

今シーズン一緒に遊んでくれた人達、ここにお寄りくださった方々来シーズンまでしばしのお別れです。

さようなら~