今シーズンは稚魚放流時期から晴天続きで大きな出水は無く解禁時には何処も渇水状態でした。

今までの経験からいくとこんな年は放流鮎の歩留まりが良いのか鮎の数が多かった。

今年の益田川の湖産放流鮎も早い時期から良形が釣れて調子良い。

掛かりの良さ、見た目の綺麗さに引かれ予定が変わってぽっかり空いた今日も益田川に遠征。

熱帯夜を避け、前の晩より出かけてきたが夜中に大雨。

半ば諦めて川を眺めると10cmほど増水してわずかに濁りがあるが、鮎釣りに支障なし。

この時期はもうトロ場かチャラ瀬が狙い目。

まずは朝霧橋上流のチャラ瀬、石はとっても綺麗でいるはずなんだがかろうじて1匹掛かったのみ。

左岸に谷が流れ込んでおり水温が少し低めの分流に竿を入れてみるがこれまた全く反応無し。

朝霧橋下流の深トロに移動しても全く反応無し。

トロに居た常連さんも今日はおかしい、こんな日は無いとぼやいてました。

ただトロの中には凄い数の群れ鮎が泳いでいた。

昨日の雨で活性が上がるかと期待したが反対だったみたい。

長いこと引っ張りまわしていると婚姻食が出てくるようになってしまいました。

湖産鮎のシーズンはそろそろ終わりでしょうか。

焼いて食べると白子もかなり大きくなってました。

メスは卵を持ち始めているので追わなくなってきたのでしょうかね。

昼に何時もの御漁場に移動するが久々野方面は真っ黒な空、かなり降っている模様。

様子見がてらゆっくりランチ。

昨日から来ているという浜松からの釣り人に聞くと昨日今日とも全く渋いとのこと。

軽トラで来たジモティーのおっさんは昨日も昼からで13匹釣れた、まあまあだぞとのこと。

どっちなんだ?

盆休みだからか釣れた情報が流れたせいか人は多い。

空は明るくなってきて雨の心配もなくなってきたので再開。

川の中央に立ちこんで左岸側を狙っている人が多かったため、手前右岸のヘチからなるべく立ちこまないよう狙ってみる。

程なくして絞込みの芯で黄色の光が走る。

チャラ瀬の中を走り回って今日最大の23cm。

やっぱり手前でも居るわ!

同じようなポイントを探っていると目印ビュ~ンで22cm。

このまま釣り下がろうとしたが下から二人も上がってきたので下がれず。

良いおとりが確保できたので一番上の波立ちの無い瀬肩に移動。

前回はピカピカな石ばかりだったのに今日はなぜかうっすらと曇っている。

ピチピチ23cmを送り出すと元気良く泳ぎ回るばかりでなかなか反応なし。

手にコンと当たりはあったが目印に変化は無くじわじわ上流へ移動すだけ。

またもやケラレかとヘソ針点検のため竿を立てるとあれ?手応えが違う掛かっているぞ。

22cmの背掛かりだったのに本人掛かったことに気が付かずおとりと一緒に泳いでいたみたい。

トロ場で頑張ってみたが群れ鮎が絡んできたのと他に1匹釣れたのみ。

再度チャラ瀬に降りていくが1匹追加できたのみ。

鮎はまだまだ居そうでしたが流石に抜かれまくっているので良形は少なくなってきた。

8/14 予定変更で急遽益田川へ