ここで掛けたらどないするねん?というようなところへねじ込むと来た~!

限界ぎりぎりでぶち抜くと本日一番の大物24cm、竿でぶら下げたときの重量感が半端なかった。

瀬肩に移動して糸をふかせ気味してると手にドンときておとりが急に横へ走る。

またもや針ハリス切れ。

最後までペースに乗れなかったが瀬の中でのデカサイズとの駆け引きはとっても面白かった。

贅沢言うなら数がもう少し多ければ最高でしたがそれでも楽しく遊んだ一日でした。

流れの芯で止めていると程なく目印がギュイ~ンと下へ引かれる。

今シーズン初の強烈な引きを溜めて抜くとやっぱりええサイズ。

今日こそええかと思ったがたまたまだったようで次がなかなかこず。

対岸の辺地とか次の段に落ちるぎりぎりのところとかマニアックな場所しか掛かってこない。

しっかり抜かれた後でした。

ただ掛かってくる鮎はチビはいなく全て20cmオーバー。

アベレージは21cmぐらいでした。

その後やっと瀬の中で黄色い奴が釣れた。

午後から黒石よりさらに上流に入ってみた。

絞られた川の流れは高水もあってとても馬瀬川では見かけないような急瀬になっている。

昨日までは高水で竿抜け?玉つけて放り込んだらくるだろうな。

複合006に1.5号の錘を付け沈めると来た~!

これは美味しい場所と思ったが後が続かず。

大きく場所を移動してやっと次というような状態。

ぎりぎりおとり継ぎが出来ただけで2時間で5匹。

7/25 何とか竿出し出来る河川を求めて馬瀬川遠征

7/26 今日はデカ鮎を狙って益田川上流へ

またまた週末は高水。

それでも何とか竿出し可能な河川を調べると近くから馬瀬上、益田上、宮川上・下。

一番近い?馬瀬へ行ってみることに。

8時半、萩原から峠を越えて下流部を除いてみるとまだ20cmは高いが場所により可能。

当然上流部のほうが良いだろうが人も多そうなので井谷橋上流の開けた瀬に入ってみる。

11時近くまでは石裏の緩みで真っ白な奴が掛かってくるだけ。

午後は下流の瀬に入ってみたが状況は似たようなもの。

ここぞというような場所では全く反応無し。

掛かってくるサイズはいいので石と石の間の絞込みで掛けてぐっと溜めると摘み糸0.3がプッツン。

さっき針が絡んでちょっとパーマになっていた所。

デカ狙いしてるのに注意が足りませんね。

このサイズになってくるとハリス1.0ではちょっと厳しいか。

トロ場組も先週、昨日と散々ぬいたので流石に釣り荒れ、今日はペースが上がらずでした。

3匹目で痛恨のキャッチミスW放流。

おとりが対岸の辺地の弛みに入りかけたときドッカ~ンと目印が上にぶっ飛んだのに掛かってない?

寄せてみると針ハリス切れ(泣)

今日はボルビックさんに乗せて行って貰い宮川下流へデカ狙いに行く予定だったんですが

飯抜き会面々が益田上流で20cm以上ばかりを爆釣だったと聞いて急遽行先変更。

41号線久々野の道の駅まで来るとまだ余裕で朝食中のオヤジさん達と合流。

初めての益田川上流、開けた里川という感じで吉田川上流部ぐらいの水量。

下流のアシの陰で直接見えないが瀬落ちのトロ場が爆釣ポイントだったようでみんなはそちらへ。

おいらは目の前の瀬を引いてみた。

少し下流に下がって少しでも竿抜けがあるように開けたところを探す。

放水観音前で再度挑戦。

1箇所掘れ込んで深くなった瀬に1号の錘を付けて放り込むと即決。

5連発したがそれまで。

他もうろうろしてみたが2度ほどバラシがあっただけ。

本日22匹で終了、大きさは12~19cmでした。